bitFlyerのLightningWebが重いなら設定を変えよう!スマホ・PC共通

スマホ版bitFlyerのLightningWebですが、初期設定のままだとサーバーが重い時にアプリも動かなくなるほど重くなることがあります。私自身、最初に触ったときはまったく動かなくてイライラしました。設定を変更したところ動作を軽くすることができたので、そのやり方を共有します。

bitFlyerのLightningWebを軽くするには

ここではスマホ版の画面を例に取りますが、PC版でも同じように設定変更ができます。

Lightning Webのホーム画面から左上の三本線を押す

メニューから「設定」を選ぶ

パフォーマンスを通常モードから低負荷モードに変更

設定方法は以上です。

チャートと注文画面を使い分けるとより軽快

アプリ内でチャートを開こうとすると動作が極端に重くなります。チャートは「黒マチャート」や「Trading View」などを利用することをオススメします。

ビットフライヤーに公式採用されている「黒マチャート」

黒マチャートはビットフライヤーの公式チャートにも採用される、遅延ゼロを実現するチャートです。有志が作ったチャートですが、Lightning Webのリアルタイムで確認できます。会員登録など不要で無料で使えます。

黒マチャート

一目均衡表や価格別出来高、BOTのテストなど可能な「Trading View」

一目均衡表や価格別出来高、BOTのテストなど可能な高性能チャート「Trading View」もオススメです。こちらも無料で使えます。(無料の場合は一部のインジケータが使えない、インジケータ数の上限設定などがあります)

チャート上にラインを引いたりメモを追加したりと自由にできます。パソコンでもスマホでもまったく同じ機能が使えるので、高性能なチャートを使いたい場合はオススメです。初期設定では英語表示ですが、日本語にも完全対応しています。

  一目均衡表やBOTテストなど無料で使える「Trading View」

bitflyerのメンテナンスはいつ?

bitflyerが重くなるタイミングは2種類あって、bitflyerメンテナンスの前後と、相場が大きく動いている時です。相場が大きく動くタイミングを事前に知るのは困難ですが、メンテナンスは事前に知ることができます。

bitflyerのメンテナンスには毎日午前4時から行われる定期メンテナンスと、随時行われる臨時メンテナンスがあります。相場が大きく動いている時は多くの注文が処理されているので、bitflyer全体が重くなります。

  • 定期メンテナンス … 毎日午前4時から10分間(延長される場合あり)
  • 臨時メンテナンス … システムの刷新のために臨時で行われるメンテナンス。

臨時メンテナンスがいつ行われるかは、bitflyerのTwitter公式アカウントで告知されるので公式アカウントをフォローしておきましょう。→ bitflerのTwitter公式アカウントはこちら

仮想通貨取引アプリが重くなるのはたくさんのお金が動くとき

Bitflyerに限らず仮想通貨取引はたくさんのお金が動くのでどうしてもアプリが重くなりがちです。

もしも上のような設定変更をしても改善されないなら、お金が特に動く、動きが活発な場面なのかもしれません。

色んな人の思惑つまりお金が動くときほど、自分のお金を今すぐ仮想通貨にしないと!と思いますが、そんな場面こそ一歩立ち止まる冷静さが必要です。決して、自分の生活が脅かされるほどのお金を仮想通貨にしないように注意しましょう。

5,000円欲しい。今すぐ5,000円工面するには - hoodiaブログ
5,000円必要な場合、今すぐ工面する方法を4つご紹介します。クレジットカード入会ポイントを活用、1,000円から借りられるアイフル、SUICAの払い戻し、nanacoを現金化するなど。
タイトルとURLをコピーしました